股関節痛、足の付け根の痛みについて

 

椅子から立ち上がる時や歩いている時に、足の付け根が痛い・・・

 

股関節の痛みはツライですよね。

 

股関節はどうして痛みがでてしまうのでしょうか。

 

 

股関節の痛みの原因は

 

股関節は骨盤についている、足を動かすための関節です。

 

股関節の形はきれいな丸をしていて、色々な角度に動けるようになっています。

 

 

立ったり、歩いたり、しゃがんだりなど色々な動きをするために、腰やお尻、太ももなどの沢山の筋肉と靭帯でつながっています。

 

ところが、どこかがずれてしまい、引っ張られてしまうと動かすときに痛みが出てしまう訳です。

 

股関節は骨盤や足の動きと密接な関係にあります。

骨盤や姿勢が歪んだまま歩いていたり、日常生活を送るのはもちろん、

 

以下のような事をされていると痛みが出る場合もあります。

 

・姿勢が悪いまま生活している。

・長時間座っている事が多い。

・足を組んでしまう事が多い。

・ジョギングをよくしている。

・スポーツや山登りをしている。

・妊娠中の方や出産後にも痛みが出る事が多いです。

 

股関節や骨盤に負担がかかってしまうと痛みが出てきてしまいます。

 

 

股関節に歪みがあるとこのような不具合も

 

股関節に歪みがあるという事は、骨盤や足周りにも歪みが出ているという事です。

 

・歩いている時に痛みが出る。

・立ち上がる時に痛い。

・しゃがむ時に痛い。

・階段の上り下りが痛い。

・腰が痛い。

・坐骨神経痛など足回りにシビレ感がある。

・足がよくつりやすい。

・膝が痛い。

・何もない所でよくつまずいてしまう。

 

などの痛みが出てしまう方も多いです。

このような不具合も併せて整えさせていただきます。

 

 

股関節を整えていくには

 

先程も書きましたが、股関節の痛みと骨盤は密接に関係しています。

 

骨盤の歪みをしっかりと整えて、股関節の痛み、さらに膝や足周り、足首などの歪みも整えていきます。

 

きつい痛みの場合は、はじめは体に動きを付けるために間隔を詰めて施術されたら良いと思います。

 

動きが付いてくるにしたがって間隔を広げていき、股関節や骨盤に正しい動きがでるようにしていきましょう。

 

整えていくに合わせて、おすすめのストレッチ方法や歩き方などもご提案させていただきます。

股関節はお尻や太ももの筋肉がうまく使えるようになるとしっかりと支えられるようになります。

 

股関節、足の付け根の痛みでお悩みの時にはご相談ください。